チベット人の言葉からの抜粋

一九三四年八月


 以下の文章は、ジュワル・クール大師が口述した著書すべての巻頭に掲載されているものです。

そこには、これらの教えを口述する際の大師の姿勢と

それを読む私たちが念頭に置くべき心構えが述べられています。
 

 私はある段階の弟子である、というだけで十分であろう。これはあなた方にわずかなことしか語らない。なぜなら、最も卑しい熱誠家からキリスト自身に至るまで、さらにキリスト以上の方々に至るまで、すべての人々が弟子だからである。私は他の人々と同じような肉体をまとってチベットの辺境に住んでいる。そして、私の責務が許すときには、(現世的な意味で)時にはチベットのラマ僧の大きな一団を統轄している。私がこのラマ寺院の院長であると伝えられているのはこの事実によるものである。ハイラーキーの仕事において私と提携している人々は(すべての真の弟子がこの仕事に携わっているのであるが)私の別の名前と役職を知っている。アリス・ベイリーは私が誰であるかを知っており、私の名前を二つ知っている。


 私は一般の学ぶ人々よりも少しだけ長く道を歩み、そのためより大きな責任を背負う、あなた方の兄弟である。私はこの本を読む熱誠家よりも苦闘探求し、光へとより前進してきた者である。そのため私は、どのような犠牲を払おうとも、光の伝達者として働かなければならない。教師の間では年齢が重んじられているようであるが、私は老人ではない。しかし、私は若い未熟な者でもない。私の仕事は、反応があるところならばどこへでも、不朽の知恵についての知識を教え、そして広めることである。私はこの仕事に長年にわたって携わってきた。また私は、機会が与えられればいつでも、モリア大師とクートフーミ大師を手助けするよう努めている。なぜなら、私は長きにわたって彼らと彼らの仕事に関わってきたからである。以上で私は多くのことをあなた方に語ってしまった。しかし、情緒的な熱誠家がまだ接触できないグルや大師に捧げる盲目的な服従や愚かな献身を私に捧げさせるようなことは何も言っていない。情緒的な献身を人類への──大師へのではなく──非利己的な奉仕へと変性するまでは、望んだとしても接触は果たされないであろう。


 私が書いた本は、受け入れるよう要求することなく世に出される。それらは正しく真実で有益なものかもしれないし、そうではないかもしれない。それらが真実であるかどうかを適切な実践と直観の修練によって確信するのはあなた方の役目である。それらがインスピレーションを受けて書かれたものとして迎え入れられることや、大師方の一人の作品であると(息を殺して)語られることには私もアリス・ベイリーも全く関心がない。もしそれらが真理を、世界にすでに提供されているものに続くような形で表わしているならば、そしてまた、もし与えられた情報が熱誠や奉仕したいという意志を情緒の界層からマインドの界層(大師方を見出すことができるとすれば、この界層である)へと高めるならば、目的を果たしたことになる。そして、伝えた教えが世界で働く人々の啓発されたマインドから反応を呼び起こし、直観の閃きを招くならば、その教えは受け入れてもよいであろう。しかし、そうでなければ、受け入れるべきではない。語られていることが結果として確証に結びつくならば、もしくは、類似(相応)の法則のもとで照らし合せて正しいと思われるならば、それは申し分のないことである。しかし、そうでないならば、言われたことを受け入れてはならない。