秘教瞑想に関する手紙

秘教瞑想に関する手紙

¥2,400価格

四六判432ページ・ソフトカバー

  • 概要

    瞑想への関心の高まりが見られる今日、正しい瞑想とはどのようなものであるかを認識することが重要です。そのため、この本は時機を得たものと言えるでしょう。

  • 目次

    「魂とパーソナリティーの整列」「瞑想の重要性」「瞑想の指定での考慮すべき点」「瞑想での聖語の活用」「瞑想において避けるべき危険」「瞑想での形態の活用」「色彩と音の活用」「瞑想による大師への接近」「将来の瞑想学校」「諸体の浄化」「結果としての奉仕生活」

  • 本書からの引用

    「経験の初期段階においては、低位性質が提供すべき最高のものを達成した後に、瞑想を始める。最初は、不定期にしか瞑想せず、時にはいくつかの転生の間そのような状態が続くこともある。その間、高位我は疎らな間隔で稀に人間に考えさせ、真剣に瞑想させるだけである。そして、内に引きこもる機会がより頻繁に訪れるようになり、やがて神秘家の瞑想と熱誠に捧げる生涯がいくつか続き、通常はそれに完全に没頭する生涯でそのクライマックスを迎える。それは情緒的熱誠の最高点を印すものであるが、メンタル体を通しての法則の科学的応用とは違うものである。これらの法則が真の秘教瞑想を支配するのである」(本書29~30ページより)